記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉痛

ここ数日、喉が痛くて風邪っぽい症状が出ていて。「喉があまりにも痛くて病院に行ったら溶連菌だった!」と保育園ママから聞き、大人でも溶連菌って感染するんだねーなんて話していたから、ちょっとドキドキしてたのだけど。ま、気合で治すしかないなとコンタック頼みで過ごした週末。

16日(月)の朝、起きたら喉から火が出るように痛くて、咳払いするのがツライ。体の節々も痛い・・・けど熱はなし。会社休んでしまおうかなーなんて思ったけど貴重な有休は少しでも残して起きたい・・・。気合を入れ直し、ほーさんを保育園に連れて行った後出勤。会社に着くと、上司と同僚がお休みしてたYOーヽ(`∀´)ノワーイ

よ、よかった。賢明な判断をした自分を褒めよう。ボヘミア~ン

なぜだかトラブルが多かった1日。おかげで喉の痛みもすっかり忘れて過ごし、気が付いたら17時だったというね。ビバ☆トラブル。

会社を出たらやっぱり喉が痛いしこれは早めに病院行きだなと、ハマ夫にほーさんを託して耳鼻咽喉科へ。ほーさんの鼻水が出た!と思ったらすぐに来るこちらの医院、診察室からマイクで名前を呼ばれたら自分から扉を開けて「ハーイ♪」と入って行き、先生に挨拶してひとりでイスに座ろうとするほど、ほーさんのお気に入り。1歳の数ヶ月までは毎回大泣きしていたけど、鼻水吸ってもらうとすっきりするのがわかったのか?単に慣れただけなのか?いつからか泣かなくなり、鼻消毒の時もうまく口を開けて呼吸している。

が、今回は母だけ。同じくマイクで名前を呼ばれて診察室へ。意外と容赦ない先生の鼻シュシュ攻撃。母がほーさんにいつも言う「お口開けて息してごらん♪」を実践するも、かなりツライ。もうしつこいくらい吸ってくれるのがこの医院のポイント。大人でもツライのに毎回小さな我が子にコレをさせていると思うと気が滅入ったが、本人が好きなんだからいっかなーとも思ったり。

診察の結果「喉が真っ赤に腫れていますね、咽頭炎です。ノドの風邪です。」と。ウイルス性のものではないと聞いて安心。抗生剤を含む4つの錠剤を処方されて帰宅。←病院後買い物して帰宅、うっかり薬局に行くのを忘れてまた駅前の薬局に走る羽目に・・・

この薬のおかげで喉の調子もずいぶん楽になり。有休を減らすことなくなんとか免れてよかったな。親子で楽しみな予定が控える日曜までには完治せねば。

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。