記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる一族

GW前に会社のDVDレンタルコーナー(社長が趣味で集めたあらゆるジャンルのDVDコレクションを社員に貸し出すという、わりと粋な計らい。ただ大量すぎて置き場所に困って作ったという説もあり。)から、キムタ主演の現代版(7/6発売予定)ではなく、映画版「華麗なる一族」(2枚組)を貸りてきたので、松島から帰る車中で観てみました。

-映画「華麗なる一族」主な出演者-
万俵大介(佐分利信 サブリシン)
万俵寧子(月丘夢路 ツキオカユメジ)
万俵鉄平(仲代達矢 ナカダイタツヤ)
万俵早苗(山本陽子 ヤマモトヨウコ)
万俵鏡平(目黒祐樹 メグロユウキ)松方弘樹の実弟
万俵万樹子(中山麻理 ナカヤママリ)三田村邦彦の元嫁(古い?)
万俵二子(酒井和歌子 サカイワカコ)
美馬中(田宮二郎 タミヤジロウ) 「白い巨塔」主演後、猟銃自殺
美一子(香川京子 カガワキョウコ)
高須相子(京マチ子 キョウマチコ)
大川一郎(河村弘二 カワムラコウジ)
三雲祥一(二谷英明 ニタニヒデアキ)郷ひろみの元嫁リーのお父さん(古い?)
三雲志保(大空真弓 オオゾラマユミ)
綿貫千太郎(西村晃 ニシムラコウ)2代目水戸黄門
大亀(浜田寅彦 ハマダトラヒコ)
銭高(加藤嘉 カトウヨシ)
一之瀬工場長(稲葉義男 イナバヨシオ)
一之瀬四四彦(北大路欣也 キタオオジキンヤ)おぉー、前作にも出てたのね~!

知らない人も多いけど錚々たる顔ぶれ。ドラマを見てるだけに「鉄平が仲代達也で、四四彦くんが欣也様かぁ~」とか比べて見たりして。

今原作を読んでいるけど、ドラマや映画では描ききれてなかった登場人物の複雑に絡み合った思惑や人間模様が細かく表現されていて、深く引き込まれていく感じでなかなか読み応えあります。興味ある方は、上・中・下で厚めの文庫本だけど是非読んでみてください。ヽ(`∀´)ノ

映画版では「高須相子役」を『京マチ子』って人が演じてたってことは知ってたんだけど「なんで、あの人なんやろぉ。なんかイメージないなぁ。あんな妖艶な演技出来るんかなぁ~」と思ってて。ちょっと調べてみたら、なんとなんとえらい勘違いしてたことに気づき・・・Σ(゚Д゚)


ちなみに京マチ子さんってこんな人。



私、この方と勘違いしてたわ...




話は戻って映画版の感想は、ん~な感じでした。
キムタ版よりは原作どおりなんだけど、ただ単に原作をはしょって繋げただけって感じで、中身が薄いものでした。いくら上映時間が長いとは言えあのストーリーを3~4時間にまとめるのはムズカシイのかな。ハマ夫曰く「キムタ版の方がよかった!」と。なんでも、ドラマ化にあたってのストーリーが・・・ある?とか脚本がいい?とかまぁよく出来てたと言っておりました。笑 私は終始「絶対に白い巨塔(田宮二郎版)の監督と一緒だわ、これ!」とか思いながら観てましたが。(あとで調べたら正解でした。)ちなみにアマゾンのカスタマーレビューでは星5つの高評価でした。笑

ドラマや映画を観て話はわかっているけど、それを頭に描き比べながら最後まで原作本を読んでみることにします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。