記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっぺんにやって来すぎの2月!-その2-

一般的には「もう2月も終わり?早いよね~」となるのだろうが、ハマ家にとってとても長い月だった。後半は特に。今はすっかり元気になっているほーさんを見ると、「まぁなんとか言っても早かったかな。」という思いも出てきたけど。今思えば2月の3週目にあった発表会に出席できたことが奇跡のように思える。

いっぺんにやって来すぎ~の記録。含みを持たせて「つづく」としたものの、元気になったら遠い昔話のようで筆も進まず。結局のところ胃腸炎というような診断で、3日自宅静養して2日病後児保育に行って、無事完全復活!という流れです。

それでもその後が気になる方へ!! -その1-からの続きです。笑

2/26(日)
ハマ夫の帰宅後、小児救急に急ぐ。19時半すぎに病院に到着、受付、トリアージ後、待合室で待機。過去に2回利用したこちらの小児救急は遅い時間だったこともあり空いていたけど、今回は少し早い時間、感染病が流行っている時期ということもあり、広い待合室は満席状態。

この時点でほーさんは平熱、2時間くらい嘔吐なし、すこぶるご機嫌ななめで「おなかすいたー!パンたべたいー!」とジタバタしながら訴えている状態。
20:30くらい
診察開始。きっと研修医と呼ばれる立場なのかな、穏やかな若い男性医。細かくいろんなことを確認され、体もきちんと看てもらえた感じがする。過去2回のうち1回は発熱、嘔吐の症状で掛かっているのだけど、ここまで詳しく看てもらえた記憶がない。手の指先から血糖値まで調べていた。

結果、はっきり断定はされないものの胃腸炎でしょうと。インフルで弱っているところに~とのことで、この手の胃腸炎に関する説明を細かくしていただいた。ウイルス性の胃腸炎か否かは便があればこれからすぐに調べられますよ(ノタのみ)、とのことだったが便が出ていない状況なので調べられず。

診察もここで終わりこのまま帰宅かーと思いきや、「これから待合室で、時間を掛けてゆっくり経口補水液(OS-1やアクリライトORS)、それを飲みたがらない場合は何か水分を飲ませてみてください。」と飲ませ方などの指導をしてもらい、「それでは1時間後にまた診察します。」と言われて待機することに。

待合室でアクリライトORSを購入。けど普通のアクリライトとは違うのであまり好きではないらしく進まない。飲み物より「カレーライスがたべたいー!」と叫ぶので一旦車に戻り、野菜ジュースやマグに用意してきていた麦茶を指示されたとおり欲しがっても一気に与えず、あえてゆっくりゆっくり時間を掛けて少量ずつ飲ませる。片手にはこちらも持参していた小型の洗面器を持って。苦笑

21:30すぎ
1時間経ち、嘔吐なし。待合室に戻り再度先生とお話。「嘔吐があり水分が取れない状態だと点滴が必要になってくるのですが、大丈夫のようですね。下痢もないですし自宅で様子を見てください。」とのこと。状態から言うとウイルス性のものではないでしょうと。抱っこしているほーさんは「パンがたべたい、カレーライスが・・・」とまだ言ってる。それを聞いてか「明日までは欲しがっても水分のみで様子を~」「食べられない分、少し下がってる血糖値を上げるためにも、甘いものを舐めさせてあげるのもいいかも。」などと先生。パン!パン!攻撃を我慢させられるか不安になる母。

自宅に戻る車中でハマ夫が買ってきていたチョコレートの粒を舐めさせると、やはり味が苦手なようでぺっと母の手に吐き出した。掌に乗った(ほーさんの唾液交じりの)チョコレートの粒をじーっと見てたらなんだか切なくなって、どっと疲れも出てきてしまって、もうどうでもいいようなキモチになり、自分の口に入れてもぐもぐ食べてしまった。自宅でほーさんの吐瀉物が口の中に入り「苦いな・・・」とも感じたし、ウイルス性ならほーさんと共倒れだー!なんて思ったのも事実。今思えばなんでそんなことしたのかわからん。結果、ウイルス性の胃腸炎ではないと証明されたわけだけど。苦笑

22:20
ほーさん用にゼリーや飲料、大人の食料などを買って帰宅。お風呂に入れてすっきりさせてあげたいが、ほーさんの様子からしてそれどころではなく。体を拭いてパジャマに着替えさせ、とにかく「ママ、ママ、だっこー」と言い続けるほーさんを抱いたまま就寝。自分のことが何にも出来てないけど母もそれどころじゃなく一緒に就寝。母も疲れたけど、ハマ夫もそれ以上に疲れているだろうな、そしてほーさんが一番辛かったろう・・・などいろんなこと想いながら気が付いたら寝ていた。とにかく長い1日だった。

2/27(月)
目覚めたら横に母がいないとわかるやいなや泣いてママー!と大泣きするほーさん。とにかく抱っこ抱っこで母のそばを片時も離れない。今日明日くらいはずっとそばにいてあげようと抱っこしたまま会社・保育園にお休みの連絡を。

疲れているからだろう、とにかく寝て過ごす。ベッドで寝るのはイヤらしく、ソファで母に授乳スタイルで抱かれてzzz。落ち着くのかかなりよく眠っていた。朝からトイレ、水分摂取する以外はずっと母に抱かれて寝ていたほーさん。昨日から母が口癖のように言っていた「苦しくない?」「気持ち悪くない?」が頭にあるのか、やたらと「くるしいよぉ・・・」「きもちわるいよぉ・・・」とか頻繁に言う。甘える口実とわかっていても切なくなる。

15時過ぎたくらいに「おなかがすいたよ、なにかたべたい!」と言い出したので、嘔吐もないし少しずつ食べさせてみようと判断、柔らかめのご飯を出すと「おにぎりがいい♪」と言うので大丈夫か?と思いつつも、ほーさんの指先くらいのサイズでおにぎりを作り、ゆっくりゆっくり噛み締めて食べさせることに。「ママのつくったおにぎりおいしい♪」と泣ける言葉。その後少し時間を置いて、小さめにちぎって出したパンも1個ペロリと。ちょっとずつ食べては寝て、食べては寝てで夜。嘔吐なし、ほーさん自身も「うぇ~(嘔吐のこと)しないよ」と言う。

今日1日トーマスやお気に入りの玩具たちを全く触ろう&遊ぼうともせず、その気力もなく一切玩具たちにも目を向けない状態。今まで見たことない姿だったなぁ。ただ食欲が徐々に出てきたのはいい傾向だな。

2/28(火)
十分な睡眠のおかげか、ご機嫌に起きた朝。開口一番「おなかすいた、ごはんたべるー!」といつもどおりに。ママ抱っこーの一面もあるがかなりの回復振りが伺える。ハマ夫が「今日は仕事調整してオレが看ておくよ!」と言ってくれたけど今日も母が看ることにし会社・保育園にお休みの連絡を。もう少し甘えさせてあげたいキモチがあって。

10時くらいまではソファで母に抱かれてごろんごろんしていたかと思いきや、お昼前にはめきめきと元気になり。と同時に遊びたい気力も出てきて、仕事部屋に篭っているハマ夫に「ダダ、あーそーぼ♪」と催促、ひと通り遊んでもらった後は「おふろはいるー!」と自ら進んで準備する勢い。2日間入っていなかったから気持ち悪かったのかもね。長風呂していっぱい遊んでもらって満足した様子。体調が悪いときは完全にダダを拒否るほーさん、思いっきりわかりやすい性格。

こうなると母は用なし。家事の合間にほーさんの様子を心配してくれていた保育園のママ友たちに「斯々然々ですっかり元気になり、明日から病後児保育で復活出来るかも!」とメールをしたり。週末からのママ友メールがほんとにありがたかったし嬉しかったなぁ。

今日は会社に行ってもよかった?って思うほど元気になり、お風呂上りに「カレーライス、おおもりでたべたーい!」とほーさん。おいおいと突っ込みつつも完全復活、とにかく安心した。

この様子だと明日は保育園に併設されてある病後児保育でお願いできるね!と早速予約、ほーさんとチャリで散歩がてら掛かり付けクリニックに行き、病後児保育に提出用の診断書を書いてもらう。インフルの治癒証明を出してもらったばかりだったから「ほーちゃん、今度はどうしたの?」と院長からも心配されたけど。

夜も「あした、ほーちゃんは○○○(病後児保育の施設名)であそぶー♪」とごきげんに就寝。ハマ家の平穏がこれでやってくると信じて疑わなかった夜・・・

2/29(水)
今日は母も仕事!ってことで早起きして身支度をしたいところだけど、一緒に目覚めてしまったほーさんが「まだママといっしょにねるのー!」と大泣きして離してくれない。こりゃどうしたものかと、あやしつつ朝ご飯の準備などなど。「きょうは○○○いかない!」と泣く。どう言ってもどうなだめても大泣きするばかりで、ママ、ママーのほーさんに逆戻り。いやいや困った、ど、どーしたほーさん?ととりあえず落ち着かせようとおんぶ紐を装着し、抱きかかえて後ろに回した瞬間に

6:30ごろ
嘔吐。

ハマ夫婦、一瞬時が止まったように硬直。すぐさま我に返り、泣きじゃくるほーさんをハマ夫に託し、着替え掃除。汚れてしまったハマ夫とほーさんもお着替え。こんな状態だと病後児保育にお預けも出来ない、が月末の今日は休めない。ハマ夫が「気にしなくていい、オレが看てるから!」と夫婦の会話しながら母は身支度、病後児保育にキャンセルの電話も。

すこぶる調子・機嫌が悪く泣き続けるほーさん。母が抱っこさえすれば落ち着くのがわかっているだけに、すぐにでもそうしてあげたいけど今から出掛けるというときにそれが出来ない・・・ 母が出掛けるのがわかってか、その態度がどんどんエスカレートしていく。「ここはダダのいるばしょじゃないの、あっち(ハマ夫の仕事部屋)にもどって!!」と泣き叫びながらハマ夫の体を押して部屋から追い出そうとする。もう何度も何度も。調子悪いのはわかるが、その態度はあまりにもけしからん。「ほーちゃん、そんなこと言っちゃダメでしょ。優しいダダも怒っちゃうよ!」となだめるも、「いいよいいよ、こっちのことは気にしなくていいから、出掛けて!」と言うハマ夫。どう言われようとその攻撃に耐える姿勢。

あぁこんなときに仕事に行かないといけないって、どうなんだろ?とかここまでして仕事をする意味ってあるの?なんてなんだか究極な思いまで出てきて、こちらまで泣きたくなったが、2人のただならぬ状況に後ろ髪引かれながら自宅を出る。

午前中、気になって職場からメール。ハマ夫からは

「1時間くらいグズグズで今は上機嫌。笑 パンも少し食べた。今、遊び中。」

とレス。こんな状況で笑ってる余裕がすごい。(夫あげ) それを聞いて安心した。食事もその後徐々に摂れたとのことで、病後児保育に電話をして状態を説明すると「明日は構わず預けてください。」と先生の頼もしい言葉。

母が帰宅すると、父さんに抱っこされた状態で寝ていたほーさん。今日の様子を詳しく聞くと、玄関のゲージにしがみついて虐待か?と通報されるくらいの泣き方していたらしい。けど諦めたようで普通に戻ったと。夕方寝が長かったけど疲れもあってか、いつも通りの時間に母と就寝。みんなぐったり。ただただ明日の回復を願うばかり。

3/1(木)
いつもの時間に起きて朝食。平熱。機嫌もよく「きょうは○○○であそぶのー♪」と喜んで病後児保育へ。1つ上のクラスの男の子と仲良く過ごしたそう。帰宅後は病後児保育での楽しかった1日をたくさん話してくれた。食欲は完全に戻ってはないものの、元気いっぱいだったとの報告を受けて安心した。

3/2(金)
いつもの時間に起きて朝食。平熱。今日も昨日以上に喜んで病後児保育へ。病後児保育室にはほーさんが0歳の時からずっと成長の様子を見てくれていたベテランの先生がおられるので、その時々のアドバイスなどが頂けるのもとても心強い。

この日の給食はお雛さま寿司。酢飯が苦手で~と伝えていたこともあり、小さくおにぎりにして食べさせて頂いたよう。その辺の心配りにも感謝。食欲もすっかり戻り、昨日よりもさらに元気だったと報告あり。調子のよさも復活して、父さんに甘えまくって過ごした夜。あーひと安心。

日に日に食欲も戻ってきて、土曜日には今度こそ完全復活。とにかく口を開けば「おなかすいたー!」なので、せっかくスリムになったのにこの分じゃすぐに元に戻るかな。ってこれは元気になったから言えること、ほんとに幸せなことです。

週末も元気に過ごして5日(月)からは10日ぶりに通常保育へ。今週は調理保育にお別れ遠足と楽しみなイベントが待っているし、このまま元気に通園出来ることを母は祈るばかり。

突然の嘔吐で間違った対応をしてしまったことを反省し「嘔吐をしたときの応急手当」などを読み、頭に叩き込んだ母。21日からいろんな想いしてきたけど、ほーさんがニコニコ元気でいてくれるだけでいい、もうそれ以外は何も望まないって思うね。元気になってわがまま言い出すと、そんなことすっかり忘れてしまいそうになるけど・・・


おしまい。

コメント

ひさしぶりにきてみたらあんたこの大惨事、、読みながらわたくし息止まってまして、ほーちゃんとともにくるしーよーってなった~
しかも泣ける。
ナットーさんただ者ではないとは知ってたが文章うま杉!なに?エッセイストかなんかもしや?
もー緊迫して疲れた!
ダダかっこ良杉!
ほーさん元気になってまじよかった!涙
仕事と母を両立する大変さより切なさや悲しさを乗り越えているんだともう敬礼よ!会社も家庭も支えるかーさんハンパないっす!
勢いあまってiPhoneからコメ。手がつります。
でもパソコンだったらもっと書きたい!
ほーさんがカレー好きでビックリした!リリコは食べれません。なぜかコンチャンは食べます。男女カレー好き伝?笑
本当におつかれさま!!

↑男女じゃなくて男児カレー好き伝。iPhoneの…おバカ☆

>ターさん

ターさんったら、ほんとにありがとー!!しかも指つりながらー
そうそう2月はね、ほーさんいろいろありすぎたーな感じだったのよ。今じゃすっかり元気もりもりカレーライスも大盛りもりもりで、ありがたい話なんだけども。
エッセイストってワロタ。ターさんに言われましたか。神に言われたら私も本望。

>仕事と母を両立する大変さより切なさや悲しさを乗り越えているんだ
ってこれいい!確実にどこかで使わせていただくー。篠原リョウコの曲がよみがえってきたけどもさ、ほんとに今回はいろんなことしみじみ思ったね。結果やっぱし母は仕事に出ることを選ぶわけで、今やれることを欲張って精一杯やってみよ~なキモチであります。会社は支えられないが家庭は支えていきたい。笑

ほーさん、カレー好きすぎて「何食べる?」には9割方「かれーらいす♪」言うくらいよ。リリしゃん苦手なんだぁ。男児カレー好き伝ね、りょうかい!笑

そう、ここで言うのもなんだが「まんだむ」ってのは、「う~ん、マンダム」のことで、ターさんたち世代は知らんと思う。(;´∀`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。