記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の保育参観

先週のとある平日、有休を取ってほーさんクラスの保育参観に参加してきました。1日1組、しかも今回は1家族ひとり限定。昨年同様ハマ夫と同じ場面を見て思いを共有出来ないのは残念だったけど、今回は母のみで参加。通常ならこの学年での実施はないらしいのだけど保護者の熱い要望で実現したのだとか。←どなたかしら?とママ間で話題に。笑

0歳時クラスでは三角巾、マスク、エプロンでの変装だったけど、今回はその格好+トンボ型サングラスというとっても奇妙な姿での参観。0歳クラスではカーテン越しから隠れて見学だったけど、今回は存在を現す!ってことで完全フル変装に。

ちなみに去年の姿に落書きするとこんな感じ。どう見ても怪しい。笑

エプロンではなく体がすっぽり隠れるピンクのスモックを着用。

着替えをした職員室で先生から説明を受ける。お子らには「今日も風邪を引いてお声が出ないサングラスのお姉さん先生が来る。」と説明しているらしい。正体がばれないように絶対に笑ったり声を出したりしない・積極的に保育に関わらない、つまりクラスの隅っこで置物になってくれと言うような指示が出る。普段の生活ぶりを見て欲しいから~の主旨。保育参観は11月中旬から実施されているのでもう終盤、先に終わらせているママ友たちからいろいろと様子は聞いていたので驚くことなく心の準備もばっちし。

ママ友曰く「先生から“エプロンのくまさんに反応して、すぐに寄って来て(エプロンのくまを)突っつく子が何人かいます。くま好きのほーちゃんが一番寄ってきますので!”って言われたよ。笑」とも聞いていた。苦笑

いざ入室。保育参観初日から数日は、とっても奇妙な格好をした先生がやっぱり物珍しいからかお子らが取り囲み、エプロンのくまさんマークを突っつき、顔を覗き込みとそれはそれはお子らの格好の餌食?となったよう・・・ だけど、もう慣れてしまっているお子らは時折ちらっと見るものの、案外スルーする。←それはそれでちと淋しい。それでも数人は寄って来て、つんつんしたり顔を近付けてサングラスをじーっと見つめたりね。その都度、うんうんと頷くのみのサングラス姉さん。話したくても話せない、なのでじーっとしてるだけの姉さんに「ヘンな人ー!」と睨んでいく子もいたりする。笑

そんな中でも一番寄ってきたのは、やっぱりほーさんだった。もちろん、母さんとはばれてはいない。じーっと近距離で見つめられてかなりドキドキしたが。

9時から10時前までは室内遊びを見学。ほーさんはブロック遊びがメインかなぁと思っていたが、この日は仲良しの女の子と一緒にキッチンおままごとを集中してやっていた。母さんお手製くまのぬいぐるみを大事そうに扱っている姿を見てなんだか嬉しかったな。

それから手繋ぎ散歩へ同行。(←足元がばれないように普段履きしないスニーカーを持参。) お友達ふたりで手を繋ぎ整列して歩く一番後ろにからとぼとぼと付いて歩くサングラス姉さん。途中で列の間が空いてしまったり、手繋ぎを急に拒否して「おさんぽやだー!○○とはてつながないー!」とか言い出したり、何かが気に入らずお友達に手を上げてしまう子も出てくる。何かが起こるたびに先生が駆けつけてその場で態度指導や、両者が納得するまでお話(言い聞かせ)をする。そしてまた列に合流してお散歩が再開。

後ろにずっと付いて一部始終を見て聞いていたけど、とてつもなく根気の要るお仕事。保護者としてはいやほんと頭が下がるばかり。

園に戻るとお昼ご飯。すでにテーブルがセットされていて給食の配膳準備を始める先生と、お子らの手洗い・トイレ補助をする先生、テーブルに付いたお子らに絵本を読みながら待機を促す先生、あうんの呼吸とでもいうか、すばらしい先生方のチームワークに惚れ惚れしつつ、ほーさんの食べる姿がよく見える席に誘導されて言われるがまま座るサングラス姉さん。

最近三角食べが出来るようになったのも、先生方が上手に指導してくれているからなんだなと納得。お友達のことを気にしながら楽しそうに豪快に食べている姿を見てニヤニヤしてしまった。サングラスとマスクで表情はまったく見えないけど、母さんはずっと笑って(微笑んで)いた。

ご飯を食べ終わる頃に先生の合図で職員室へ、そこで保育参観は終了し個人面談をする。「今日はどうでした?」から始まり、普段のほーさんの様子を伺う。うちでの様子とそう大きな違いもなったし、元気に過ごしている姿が見れて安心した~と言うようなことを伝えたと思う。たぶんそんな話をした。笑

個人面談終了後、お迎え。お昼ご飯後「今日はママが早くお迎えにくるって連絡あったよー♪」と伝えるようで、何事もなかったようにクラスに出向く。ほーさん、みんなが午睡時に着るパジャマを自分も着たかったようで「じぶんもー!」と泣いたらしい。母さんの顔見た瞬間ダッシュで来てくれたからよかったけど。お着替えを済ませ、みんなにバイバイしてお先に帰宅。

「今日、サングラスの先生きた?」の問いに、ノドを押さえながら「のどいたいいたいのしぇんしぇきたよ、おっきいめがねのね~」と。そっかそっか、無事にばれることなく任務を終えることが出来てよかったよかった。

2回目の保育参観。今回一番感心したのは、先生方のお子との向き合い方。何か起こってまとめるときに「よしよし、なでなで、だっこだっこ」などヘンに甘えさせるようなことは絶対にしない。0歳時クラスのときとは違い、軽く突き放したりもする。生活習慣のすべてに自主性を持たせて何でも自分でするように出来るようにと促す。それに(必要に応じて介助はすれど)ほぼ手出しもしない。もちろんそうしないと手が掛かって収拾つかなくなるってのはわかるけど、その真摯な姿・接し方には深く感銘を受けた。見本になるようなこともたくさんあった。躾(特に食事時の)に関してもその都度きちんとされていて、これは本来保護者がするべきことだよな、と親としてきちんと受け止めないといけない事柄もいくつかあった。友達との関わりもたくさん見れたし3時間ちょっとの保育参観であふれる想いがいっぱいあった母さん、でした。

先に保育参観を済ませたママ友たちから「ほーちゃん、○○してておもしろかったよ!」とか“おもしろいことをするほーさん”をいっぱい聞いていたけど、そんな姿を母が直接見ることが出来ず~だったのは残念だったなぁ。

2回目の保育参観もとっても貴重な経験だったし、先生方に感謝感謝の気持ちがさらに増した機会でもあったかな。次の保育参観は翌々年の年少さんになってから。その時は顔出しして親も一緒に楽しむ~な主旨らしい。かなり待ち遠しいので、どなたかがまた熱い要望を出して来年もやってくれないかなぁ~なんてね。

コメント

思わず一気に読んでしまったよ。保育参観にいってからというもの、子を育てるのは本当に大変なことなんだと、今更ながらに実感しているよ。最近、話しもでき、理解力が高まるにつれて、育児も一歩先に進んだ躾の段階なんだよね…責任の重さを感じるな。またガールズトークでもしたいわぁ(^_-)-☆

ヒヨコのとき、写真撮るなんてさすが!完全に不審者だよね。

Re: 2回目の保育参観

ううう。何て言うか・・・ほんと、先生たちへの感謝に尽きる、って毎回私たち言い合ってるけど!ほんと、そうだよね。

自立を促す、言い聞かせする、変に甘やかさない・・・
これって確かに本来は親が全て担うわけで、でも先生という他者からの注意やアドバイスを2歳児から受けられるって、本当にありがたいよね。集団行動って良くも悪くもずっとついてくるわけだし。
私は、働きたいから保育園にお願いしているけど、子どもが早いうちから集団生活をしたり、多くの他者(先生、友人、クラスの上のこどもたち、近所の人など)と関わることを強く臨んでいたからっていうのもあって、これってきっとnattohさんも同じ。。。だよね??だから、こんな生活をさせてもらえて、本当にありがたやー。
他者とあまり関わらないぴょんさんを夫にもつ私が言っても説得力ないか!

ていうか、お声の出ないサングラスのおねえさん!外の散歩もその姿で歩いたのね!!
ほーちゃんも気付かないってすごいよ。ナイス変装!そして強く熱望して参観を実施させたお母さんもすごい!

あ、新年会楽しみにしてまーす!

>かおまっち

かおまっち、初コメありがと。笑
いつもいつも感謝しているけど、今回は「1~2児クラス」の生の現場を見て恐れ入ったというか、このまとめ方のすばらしさに脱帽だったよ。そして自分たちが親としてどう接していけばいいか、どうしなくちゃいけないか?とかいろいろ考えされられた1日でもあったな。ほんとに育児も一歩先に進んでる段階だよね、前のようにはいかなくなってるってのをつくづく感じる日々。今までは自分で立って歩けるように支えるだけだったけど、これからは生きていくための生活習慣を教えて、プラス躾も・・・だからね。責任あるよなぁ、ほんと。ちょっとまた時間作ってトークしようよ!!

そう、去年は夫も一緒だったから撮ってもらってたのよ。今年はさすがに園長に撮って~とは言えなかったわ。爆

>satitohちゃん

satitohちゃんとは話すたびに「感謝、感謝」って言ってるけどほんとその言葉しか出てこないのよね。笑

自立を促す、これねほんとにすごかった。園で行う生活習慣のすべてに絶対に手を出さないのね。最後のひとりができるまで言い聞かせながら自分でするように促して根気強く見届けてるのよ。先生たちも決められた時間の中で~だからちょっと手を貸してササっとしてしまえば早いのに、助言しつつやる気を出させて時間を掛けてね。出来たときの褒め方もハンパない。笑

変に甘やかさない、これだって「はいはい、よしよし」ってしてしまえばすぐに収まるものを納得するまで言い聞かせて~ってね。もうね、ひとつひとつの現場をサングラス越しから眺めながら、ここでここまでやっていただいてる分、親もきちんと対応していかなくちゃな、他力本願だけじゃだめだよなって心から思ったよ。これを機にうちでも納得するまで型になったわ母さん。笑 あとほーさんにとって、先生の存在がとっても大きくてそれを普段からすごく感じている分、この環境がとってもありがたいなぁと深く思ったな。

satitohちゃんの言うとおりだよ、自分が働きたい→預ける宿命だったことには違いないけど、授かる前から子どもには早い時期から他者との関わりを持たせたいという思いがあったから。これは夫婦で同じ気持ちだったからね。ほんとにありがたやーだよね。毎回同じだけど。笑

えぇ、このカッコでお外散歩に同行しましたのよ。車のミラーに映った自分を直視できなかったわ。想像は出来たけど。意外とね、ここまでカバーして声出さないと気づかないみたいね。このクラスまでは。熱い要望出してくださった保護者さまにも深く感謝しないとね。笑

そちらメンバーの方々への声掛けありがとー。会ったことない(お話したことのない)方々もいるし、すごく楽しみよ、当日はわいわいやろうねー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。