記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館


ハマ家夏休みの最後は、大宮にある鉄道博物館に行ってきました。ほんとうは最寄線1本で行ける宮崎台にある「電車とバスの博物館」に行くつもりが生憎定休日。それならほんまもんを見せてやろう!とハマ夫が提案してくれて、大宮まで出かけることに。普段からバスの次に電車、汽車が大好きで「ちーちゃ、ぽっぽ!」とよく歌っているほーさん。さてさて楽しめるかな。
行きの車中で腹ごしらえ。大きなおにぎりが似合いすぎる2歳児。

博物館の近くに母が愛する珈琲館の大きな路面店があり、「いいなー、いいなー♪」と寄りたいアピールするも、完全にスルーされる。Σ(゚Д゚)

入館料金は大人1000円、幼児(3歳以上未就学児)は200円。よってほーさんはタダ。夢の国よりはるかにバリュー。

まじかで見る大きな電車、汽車に大興奮!SLを見た途端、アンパンマンポシェから自分が持参したトミカの汽車を出そうと慌てる。

ホンモノのSLの前に立たせると、マイ汽車を自慢げに掲げて「ぽっぽー!」と叫ぶ。

壮大な館内の様子がこの写真から伝わるだろうか…


鉄道歴史年表のコーナーで見つけたバスの前で動かなくなるほーさん。電車、汽車も好きだけどやっぱりバスが一番!みたい。

ここから引き離すのがかなり難儀だった。ほーさんが自慢げに持つバスがまわりから羨ましがられ、年上のお兄ちゃんから奪われそうになる一幕も。ほーさん、喚いて激しく抵抗。笑

模型室を走る電車を眺めたり、模型鉄道ジオラマのプログラムを見たり。

意外にも?人を押しのけるような素振りを見せなかったのに感心する母。父親似か。

SLが360℃回転しながら警笛実演されるゾーンでは、父さんの肩車で鑑賞。かなり興奮していたと思われ、すごい力で髪の毛を引っ張っていたらしく「相当抜けたと思う…」とハマ夫涙目。笑

警笛のマネして「ぽぁーーー!!」と叫ぶ。

実演後は、惜しみない拍手も忘れない。

ちょっと休憩タイム。ここでも父さんと指数え遊び。

館内では抱っこも完全拒否し、歩くどころか走り回る!お盆休みで人も多かったことから人ごみの中をすり抜けて走る走る。というわけで、外に開放することに。

外には芝生の広場があり、思い存分走り回って遊べる。

写真の赤パイロン奥には滑り台やちょっとした遊具があり、男子ふたりはそこで延々と遊んでいた。大宮駅を通る電車をまじかで見ることができるし、季節がいい時期はピクニック気分でいいかも!お弁当も買えるしね。この日は暑かったから炎天下での長居はムリだったけど。

広場内にある飲食可な電車に乗り込み涼む。エアコンが効いてて快適~

この日でさらに日焼けが増したふたり。それくらい遊んだよね!

*総評*
省エネ営業中なこともあり、ほーさんに体験させたかったゾーンなどが閉まっていてその辺は残念だったけど、屋内外問わず子どもが安全に楽しめるスペースが多いことに驚く。キッズルームもあり、そこからは模型鉄道ジオラマを見ることもできる。←後からここは穴場だと知る。とにかく設備が素晴らしい。展示物は子供でも見えるように低めに置いてあるので判りやすいし、通路など小さなお子らにとって危なっかしいと思われる部分を排除している。入園料が大人1000円ってところがかなり魅力+ご飯やジュースの値段も高くない。

3Fにはビューデッキもあり、大宮を通り抜ける新幹線を真横で見て子どもだけじゃなく大人たちもみんな大興奮。もちろんほーさんも。ハマ夫と「さすが公共交通機関の博物館だね~」と話す。鉄ちゃんだけでなく幅広い層が楽しめるように作られているなぁと。

今回、閉演まで半日以上はいたけど、それでもまだまだ見どころがたくさんある場所。今度は朝イチバンから張り切って連れて行きたいな。平日はちいさな鉄男子とその母連れが多そう~

コメント

Re: 鉄道博物館

ハマ家のバケーション日記追いつかないっ!まだ読めてないっ!それにしても宮崎台閉まってたからって大宮かよっ!ハマ家ハンパないっすね。しかも夢の国...引きずってるね(笑)
ほーたん、2歳になったばっか児?Majiで?おにぎりにかぶりつく図、ランニングから出た二の腕、年齢詐称疑惑あり。
それにしても釘付けですな。お兄ちゃん達を押しのけなかったのはえらい~。母ちゃん似だったらどうなってたことやら...。
アンパンマンポシェ...モモおばちゃん涙が出るよ。安物なのにそんなに大切にしてくれてるなんて。もっとグレードの高いのにすればよかったね。ぐすん。

>モモちゃん

追いついたかしらー?笑 そ、近場がNGなら遠いとこ攻めするのがハマ家。若干Mっ気体質のハマ家。夢の国、ずっと引きずるわ。爆
いちお、まだ2歳になったばっか児。昨日も見知らぬおばさまに「ボク3歳?4歳かな?」って話しかけられ、「いぬー、わんわん!!」とおばさまが連れていたワンコに向かって叫び、きょとんとされてしまったわ。そ、このレベルだから2歳くらいと判断してもらえたかと。
がむしゃらに見てた割には社会の決まりごと?を守れてて。母に似たら?そりゃーすべて押し倒してどけどけー!でしょ~
もうねアンパンマンポシェ、これがないとほーさんダメみたい。体の一部になってる感じよ。執着の仕方がハンパないすよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。