記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11 海尽くしすぎた夏休みの旅4


『旅の想い出綴り-大分・ハマ夫実家帰省旅(11/08/10~13)』


写真はハマ夫実家前。玄関開けたら海!な立地。ハマ夫の実家から石を投げたら海に入る距離。もしここに大津波が来たら、完全にアウトな場所。津波が来たらどこに逃げるかも教えてもらった。自然と災害はいつでも隣り合わせ。
13日(土) 4日目
少しでも多く遊ばせてあげたい!という思いから、早めにチェックアウトし9時オープンすぐから海水プールに行く準備を。荷造りが終わり水着に着替えさせた途端、それはそれはにっこにこ顔で。

はやく~!とEV前で待たれる。

EVを降りた瞬間から走り出す。これ、この旅のベストショットかもしれない。笑

早い時間だけにまだ人が疎ら。ハマ男子ふたりの貸切状態。

奥の競泳プールでは合宿している学生さんらがひたすら泳いでた。夏の合宿には最適な場所かと。

もう勝手を知ったプールだけあり、あっちこっち移動しながらパワフルに遊びまわるほーさん。ハマ夫曰く「勝手を知ったから逆に今日は冷静だったよ。」とのことだったが。今日もムリやり休憩タイムを。

「パン、パン!」「はいはい、どーぞ。」

「ちゃ、ちゃ!」「麦茶が切れたのよ、お水でいいよね?」

飲みきれなかった水は体に掛けて水浴びしていた…

さてそろそろ上がって実家に帰らないといけない時間。が、ほーさんがイヤがる。なんとかなだめてハマ夫が更衣室に連れて行き、シャワーして着替えさせて出てきたものの、またハマ夫が自分の着替えのために更衣室に戻ろうとすると大ぐずり。「父さんは着替えに行ってるだけで、ほーちゃんを置いてひとりでプールに行ったりしてないからダイジョウブ!」と必死で伝える母。受付の学生バイトだろうお姉さんたちの前でプールに向かって「プール、プール!」と大泣きし、笑われる。母苦笑い。

着替えから戻ってきた父さんとお散歩して気分転換。落ち着いたところでお宿を後にし、実家で家族みんな揃ってのお昼ご飯。移動中に寝てしまったほーさんはそのまましばらくzzz。お隣の弟さん宅に移動して、母さんはNくんのおさがり品を物色。「これぜーんぶ送るよ!」いやーありがたい!

夕方、北九空港まで弟家族が会いに来てくれることになっていたので、14時に実家を出発。今年もお世話になりっぱなしの4日間、ほんとにほんとにありがとうございました。あらためて家族のありがたみをひしひしと感じた日々でもあり、ご両親&チカちゃんの想いを大事にしていきたいなと思った旅でした。また来年も、みんなが元気でにぎやかに会えますように。

車に乗り込んですぐにほーさんzzz。この旅ではずっと寝ては起こされ~が続いていたので、ここはゆっくり寝かせてあげようと寝てる間は先を急ぎ、起きてから食事休憩をしつつ空港着。すでに到着して待っていてくれた弟夫婦、姪っ子姉妹が迎えてくれました。

今年7歳になるお姉ちゃんとほーさんと同い年の妹ちゃん、この姉妹のかわいいこと!久々の対面で話は弾む、ほーさんは走り回るで写真どころではなく。いとこ同士の3ショットを取りたかったが叶わず。離れているのでなかなか頻繁には会えないけど、これからも機会を設けて子どもを交流させていきたいなぁと。

弟夫婦がお土産として持たせてくれた「梅の実ひじき」に「三日月クロワッサン」、どちらもすんごい美味しかった!さっすがだね、グルメ夫婦!

復路便は最終の22:30発。はしゃぎすぎて少々お疲れの様子。

機内に入ると母さんの膝の上ですぐにzzz。自宅までの移動中に何度か起こしてしまうことあったけど、帰り着くまでほとんど寝てました。帰宅したのは1時半すぎ。ハマ夫、長時間の運転&荷物運びおつかれさま。

今回は少しでも時間を多く取りたかったので、早朝便、最終便を利用したけど、ほーさんの生活リズムを大きく乱すこともなくなんとかなったかな。ただ真っ最中のトイトレはひと休みしてたけど。(それはまた別記事で。)3回目の飛行機も耳抜き対策はまったく不要で、感じる圧もゴォーーっていう音もなんか楽しんでいた感じ。一緒になって「うぉー!!」とか興奮して声出したりするので焦ったが、往復共にぐずることなくほんとに助かった。

こちらが抱っこしようとしても「いらね、オレ歩く(走る)!」と拒否され、抱っこしたのは寝てしまったときの移動時のみ。これはほんとにありがたかったかな。普段の生活でももうベビカいらないかも。ただ保育園児でがっつり午睡する習慣があるからベビカがあると助かるんだけど。

いつもどおり元気いっぱいだったし、その姿をみんなに見てもらえてすごく嬉しかったなぁ。なんと言っても今回はハマ夫が子煩悩ぶりをフル発揮した旅でもあったかと。私から見るといつもと変わりない姿だけど、チカちゃんを始め親族からすると、びっくりするほどすごいみたい。対ほーさんへの愛情?向かう姿勢?がハンパないと。笑 「小さい頃にお父さんに遊んでもらった記憶はちゃんと残るからね、ほーくんは幸せものだね。」とチカちゃん。この日常が当たり前と思わずハマ夫に感謝し、私もがんばらないとね。そしてまた家族で旅しよう!!


というわけで旅の記録はおしまい。長いことお付き合いありがとうごさいましたヽ(`∀´)ノ
大分帰省写真の一部は、加工なしでそのまんまFacebookのアルバムに入れる予定なので、お友達の方ぜひぜひ見てください!

コメント

Re: 11 海尽くしすぎた夏休みの旅4

楽しい旅だったねーほーたん!!!
おかあさんの涙にこっちもホロリときた!
孫ラブなんだねぇ~~~~~
そういや福岡の人からもらった!梅の実ひじき!
あれすんごい美味しい!!!!!!
ご飯がすすみすぎて怖かったー!

>ぷにちゃん

ほんとに楽しい旅だったよ。去年は1歳なりたてのほーさん連れでかなり疲れた気がするが、今年は親も楽しめたかな。ま、ハマ夫はクタクタだったろーけどね。チカさん、泣いちゃってさぁ。まじこっちもうるっと・・・だったけどなんとか耐えた。遠すぎてなかなか会えないからね、せめて年に2回はゆっくり時間とって会わせたいかなぁ。
梅の実ひじき、これ美味しいよね!私もご飯が進み過ぎて今かなりヤバイ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。