記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11 家族で初めてディズニーランドへ2


『旅の想い出綴り-千葉浦安・東京ディズニーランド 1泊の旅(11/06/05~06)』


6日(月)
昨日は少し雲があったけど、今朝は予報どおり雲ひとつないキモチのいい天気!(雨女返上か?)昨夜は19時に寝てしまったほーちゃん、4時ちょいすぎ起床。早く寝るとその分早く起きるのね、ほーさんって。ΣΣ(゚д゚lll) 早朝からお風呂に入れたり部屋の中で延々と遊び相手をするハマ夫。その間、母は悠長に身支度。るるるん♪

朝食は夕食と同じく「グランカフェ」へ。今回はどんなに高かろうと朝食付きプランだから何ら動揺することはない。(ちなみに朝食ビュッフェは3300円。)4時起きのほーさん、ちょうど眠たくなる時間になり思っていたとおり席につくなりぐすぐず、抱っこー。

ちょっと抱っこしたら寝てしまったのでそのままベビカONしてzzz しかしよく寝るなぁ。

その間ハマ夫婦はゆっくり食事。最後のコーヒータイムでひょっこり起きたほーちゃん。イスに座らせてもかなり不機嫌。お皿に取っていたパンを投げたりする。何をしてもイヤイヤ!どうしたものか?って時に自分からベビーイスを降りて、空いている席に置かれていた違うタイプのベビーイスに「替えてくれ!」「こっちの、こっちの!」とアピール。「ん?」と思いつつ替えたところご機嫌になり、こっちがぽかーん。単にイスが気に入らなかったのか・・・

食事後、部屋に戻って荷物をまとめてチェックアウト。その前にバルコニーで記念写真なども。母さんが抱いてると大笑いしながらふざけてえびぞりまくるから、下に落としそうで怖かったしー。

どうもよく見えないようです。背伸びしてがんばってるけどー残念。

泊まった8FのEVホールはこんな感じ。

自販機もかわいいのよ。

自販機横に見えるちいさな扉!あぁぁーーこれがそうだったのかーーーしまったぁ!!

実は宿泊前に予備知識として仕入れていたこの「扉」情報。この扉を開くとペントン(おもちゃ?)がいる~とのことだったので、ほーさんを楽しませようと思っていたのだけども。この扉、てっきり各部屋の中にある前日分でアップしたチェストの扉のことと思ってしまった母さん。ほーさんが部屋の小扉を開いて「わぁ、ペントン♪」がいるはずもなく、「あれー?お掃除の人入れ忘れたのかなぁ?」なんて言っていたのね。昨日のチェックインはフロアで一番ノリだったろうし、残念なことしたなー。

車はそのままホテルに置いていくので、ディズニーまではモノレール(ディズニーリゾートライン)で。駅(ベイサイド・ステーション)まですぐだけどネズミのバスに乗って移動。

正式名は「ディズニーリゾートクルーザー」という。

昨日、散歩中に停まっていたネズミバスに遭遇していたらしいほーちゃん。バス好き男子は自分のはとバスミニカーを首から下げたアンパンマンポシェから出して自慢。ネズミバスの運転手が「おお!」って驚いて「はとバスの新しい日野セレガか!」と会話が成立していたらしい。笑

モノレールもネズミがいっぱい。

改札で年齢確認されたほーさん。なぜに?!「1歳でしたらチケットは必要ないですね♪」って・・・ これはお約束で誰しも聞かれることなのか。

ネズミ帝国が近づき、シーの入場口が長蛇の列になってるのを見てビビる。「これはシーだから混んでるんだろう。ランドはそうないと思うよ~」とのんきなことを言うハマ夫。キミは甘いなぁ。Ψ(`∀´)Ψ

そしてランド駅。シーより長蛇の列・・・。ハマ夫「まじで?すごいね、ここは・・・」「すごいのよ、ここは。」とにかくホテルでチケット買っておいてよかったね!と機転のよさに自分を自分で褒めた瞬間。

チケットがあったためサクサク~と入場するも、園内は梅雨の晴れ間とは言え、平日とは思えない盛況ぶりにまたびつくり。「平日でこれでしょ?土日とかどーなってんのよ?どんだけよ?」とハマ夫婦はこんな会話で盛り上る。

早速、父さんも母さんも知らないキャラクターに会い、すこすこと歩み寄る。母さん必死の「こんにちはー、は?」「ご挨拶して♪」にも固まったまま動かないほーちゃん。

知らないキャラが何人(何匹)かいたが、人に取り囲まれていたので先を急ぐ。

さてさてここぞとばかり歩いてもらいましょーかって時に、「抱っこー!!」攻撃、しかも母さんの抱っこがいいーとグズり、それならばとベビカONしようにも身をよじって拒否。ワールドバザールを抜ける間は抱っこしたものの、このままではヤバイとお友達作戦で釣り、なんとかベビカON。ここまででどっと疲れる・・・

このとき10時半すぎ。シンデレラ城を撮ったりしつつも、周りの方々がパレードを待つ準備態勢に入るのを見てハマ家も移動開始。マップでパレードコースを確認するも、まったくの素人、どこでみるべきなのかがわからない。で、とりあえずここでいいでしょ?と木陰で場所取りするもベビカが止まったらダメな人がグズる。抱っこしつつーパレードを待つ母さん。このときは内心「パレードはよおわれー」だったYO!

なにやら音がしてパレードが始まった様子。周りには人がいっぱい待機してるし、ここでいいはず!と思いながら辛抱して待つ。ほーさんを盛り上げようと軽快な曲に合わせてリズムを取る母さん。14キロ児を抱えているなんてうっかり忘れてパレードを楽しむ気合。

そしてそして目の前にご一行がやってきたー!!どうも場所がよかったみたいで目の前に停まってみんなが踊ってくれてるー!!「ほーさん、ミッキーさんよぉ、ミニーちゃんよぉ!!」「ほらほらほーちゃんもお手手ふってー!!」と母盛り上げるも、ほーちゃん無表情。けど、品のある皇室お手振りに「きっと心では大いに盛り上っているだろう」と解釈。時折笑顔にはなってたしな。

ちょうど「ディズニー・イースターワンダーランド」の期間だったことから、パレードもスペシャルだったらしい。普段を知らないので比較できないけど、確かにスペシャル感はあった気がする。それにしても感心したのがパレードをしている方々の気合とプロ魂ね。全身全霊で笑顔ひとつにも抜かりなし!「観客を心底楽しませよう!!」というのがこちらにも伝わってきて、途中母さんなぜだかウルっときちゃったよ。震災時の対応然り、ここまで人を惹き付けるか!?な感じだし、このパレードを見ただけでもリピートして何度も来る方々のキモチもわかった気がする。子どもたちは夢中になるだろうなぁ。やっぱりここは夢の国だわ。

だだ残念なことにパレード中は終始抱っこだったために、1枚も写真が撮れず。ま、ハマ夫がビデオ班だったから後でゆっくり見せてもらおうかな。

パレードが終わり興奮冷めやらぬ中、最初のアトラクションに移動。ファストパスっていうのを利用して「プーさんのハニーハント」を見よう!と係りの方に確認するも、爽やかに「1日分すべて終了しました!」と。ガガン。そっかそっか、この時間来て「ファストで予約~♪」なんてこんな甘いもんじゃなかったのね。開園後まもなく!が鉄則なのかー。ディズニー素人撃沈。

やたらと暑かったこの日、風の通る涼しいポイントをたまたま見つけて座り、マップ見ながら「次どうするー?」とハマ夫婦談義中にほーさんはベビカでスヤスヤ。ほーさんが寝ている間はアトラクション巡りどころではないので、私らも休憩しようか?とプラザ・レストランへ。たまたま空いてた席に座れてラッキー。ほーちゃんが起きたらすぐに食べられるようにと丼モノを注文し、ふたりでドリンクとつまみをちびちびしながら休憩。

すばらしきかな生活習慣のため、1時間半を過ぎてもまったく起きない。もうすぐ2時間になろうかってところで声かけして起こそうとするも微動だにせず起きない。やっとのことでぼんやり起きるも機嫌の悪さMAXで、母さん抱っこーまだ眠たいー状態でグスグズ。しょーがない、ここは抱いておくしかない。で膝抱っこしばし。だがしかしここは普通の公園ではないし、ゆっくりとしすぎてもーなのでご機嫌をとりつつ、丼モノ1口食べるたびに「えらい!」「いい子~♪」を連呼しながらなんとか盛り上げて食べさせ(好き嫌いもMAXで白米部分しか口にしないとゆーね。)そうこうしてたら、いつものほーさんに戻ってくれてまして。父さんも母さんもどれだけ安堵したことか。

父さん母さんと手をつないで歩きながら、ここでも鳩を気にしすぎたり、写真スポットで係りの方に家族写真を撮ってもらったり~で進んでいると、何かを取り囲み人の輪が何重にもなってわんさかしている場面に遭遇。この輪の中心にミニーちゃんがいるらしい!!

ってことで父さんに肩車されたほーさんもその輪に入り・・・

徐々に近づき・・・

なんとかミニーちゃんの耳にタッチ!!

できましたの。けど本人はなにがなんだか?だったろーね。

ブラブラしながら「イッツ・ア・スモール・ワールド」に到着。待ち時間30分、ほーさん連れではこれが限界だろう。ほーちゃんOKアトラクションでも90~120分待ち以上がザラ。

父さんの肩車でごきげんで待つ。

いざ、初のアトラクションでお船に乗り込んだほーさん!

いろんな国の人たちを指差して興味を示す。

「うぉ!!」とか言いながら反応しているほーさんの姿が見れて母さん嬉しかったわ。涼しかったしね。

まだ船から下りたくなーい!な感じだったけど、抱っこで撤収。さてさて次はと。「ミニー・オー!ミニー」に行きましょうかと開演5分前着ですでにロープ張られて立ち入りNO!あたりまえー♪ほーちゃん抱っこして外から背伸びしつつ~遠目からでも見ることができましたがね。

そうこうしているうちに、帰るのにちょうどいい時間になりまして。ハマ家の初・夢のネズミ帝国はこれにてジ・エンド。ホテルに戻ればお土産も買える(ディズニーファンタジーというオフィシャルショップがある。)ので、園内では買い物もせずササっと。

ウォルトさん、夢をありがとね。右下の銅像がウォルトさん。



*総評*
アトラクションといえるのか?な「イッツ・ア・スモール・ワールド」と「ミニー・オー!ミニー」を外から立ち見したってだけの薄っぺら~い内容になってしまった初ディズニー。下調べをまったくして行かなかったハマ夫婦にも問題あり~だけど(いちお当日のショースケジュールくらいは印刷してた。)、がっつりお昼寝時間を取る→その後なにかしら食べさせないといけないほーさん連れの場合は、その間アトラクション待ちに時間を潰すこともできず、一緒に休憩せざるを得ないわけで・・・ けど同年代のお子連れの方々いっぱいいたし、どこで何した?って時間の使い方を逆に質問したいくらい。ハマ家としては「も少し成長して、自分から“あれ乗りたい!”“今度はあっち行きたい!”と親を振り回すくらいの方が楽しめるのかもね。それはそれで大変だろーけど。」な感想を持ちました。そうなるのは4~5歳くらい?今度はちゃんと勉強してまた(1年に1度くらいは)行ってみたいかな。


*おまけ*
ディズニーを出てホテルに戻ると、即行で水槽に駆け寄ったほーさん。
「ネズミより魚のほうがいいしー♪」

帰宅後、お風呂上り。ほーさんの定位置にて。「父しゃん、母しゃん、おつかれー!ネズミの国ではここぞとばかりグズってごめんな!」


追伸 : 次の日くらいから、眠たいときに抱っこ~と甘えるくらいはあっても、イヤイヤぐずぐずで困らせることがほとんどなくなったほーさん。逆にニコニコと機嫌がいい毎日。イヤイヤ~も体調次第なのか。次は万全!なときに行きたいね。

コメント

Re: 家族で初めてディズニーランドへ2

朝ご飯高っ!!!もちろん昼分まで食べなきゃ~な値段ですな。夢の国...やっぱちょっとぼったくりですよね。パーク内のレストランも高いし。入場料も結構取ってるのにねぇ。まぁ、中に入ればやっぱ完ぺきに夢の国だからいいのかな。
ほーたんやマヤくらいだとやっぱり楽しめるっつっても限度ありますもんね。うちもイッツア~となんか電車乗ってパークを回る~みたいなのとかくらいだったかなぁ。
それにしてもホテルもお子にとっては楽しそう!いいな~。日帰りできる距離でも泊まるってのもいいですね。ゆっくりできてね。疲れたらホテルに戻ってもまだ夢の国、的な。
最近はうちも抱っこはだいたい「ママ~」です。スイカの上にしっかり乗っちゃってます。多分手離しても大丈夫。
それにしても...最初にあったキャラ...誰?

>モモちゃん

朝ごはんは最高だったよ、ネチネチ考えなくてよかったからね。笑 お昼の分まで食べちゃったから、園内ではまったくお腹が空かなかったとゆーね。夢の国はやっぱお高いよね。持ち込みすべてNGらしかったけど、飲み物類、ほーさんのパン類程度ならOKだったぽいな。まだベビーだしね。いちお。笑
うまくいろんなサービスを利用すれば、もっと快適に過ごせた感ありあり。リサーチ不足でしたな、今回。カンペキに甘くみすぎてたかな、夢の国を。
このホテル、子供連れでお泊りするならいいかもー。車で30分な距離だからわざわざ~だったんだけど、ゆっくりできたからよかったってことで。
スイカの上にマーヤ、それはツライ。けど第2(3)子ともなると、余裕あんだろーね。
最初にあったキャラ、検索してもつかめず。てか、キツネじゃダメか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。