記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらない毎日

東北の大地震から11日。寒い避難所の中で毛布にくるまっている方々がまだまだたくさんおられると思うと、心が痛みます。今日には?燃料がたっぷり送れるとかなんとか。どうかどうか、手の震えが止まりますように。

私の勤める会社には東北出身の方が非常に多く、家族親族が地震・津波の被害に遭い亡くなった、または行方不明になっていて連絡が取れない、自宅が原発から退避圏にあり避難されているという話を毎日のように耳にします。

あらためまして、被害を受けられたたくさんの皆さまに謹んでお見舞い申しあげますと共に、1日でも早い被災地の復旧を心よりお祈り申しあげます。




大地震当日、いつもとはまったく違った感じの揺れを感じて男性の「急いで外に出てー!!」の声に、みなで一斉に外に飛び出す。車だと少しの地震くらいはあまり感じないと聞くけど、会社前の幹線道路を通る車がハザードを出して止まっており、ここでもいつもとはなにか違う異様さを感じる。

保育園にもハマ夫にも電話はどこにも繋がらない。けどすぐにPCにクラスのメーリングが回ってきて、園児や先生方の無事を知らされほっと胸を撫でおろす。携帯ではなくPCに登録しておいてほんとによかった!と思った。

お台場で仕事だったハマ夫。その足で会社まで迎えに来てくれて、幸いにも早い時間になんとか帰宅。ほーちゃんのお迎え前に、ガラス類が散乱してるかも?な家の状況をまず確認しようと、ドキドキしながらそっと空けた玄関のドアが・・・うまく開かない。これはのっけから大事だ、と顔を突っ込んでみたらベビカが倒れ掛かっていただけだった。

部屋の中は小物類が落ちて散乱していたけど、被害はガラスの食器が数枚と鉢植えが割れたくらい。あ、あとハマ夫部屋の本棚の一部に雪崩が起きてたかな。ご近所でも被害の差があり、その時は単に建物や階の違いだろうな、と思ったけど、駅前の大きなマンション1Fに住む友達の自宅も聞く限りすごい状態だったという。なんだろね。

散らばった土の処理をしている間にハマ夫がほーちゃんのお迎えに。夕方に提供されたおせんべいをぼりぼり食べていたらしい。いつもと変わりなく、揺れても泣かず元気に過ごしていたようで安心する。

地震後、こちらの生活でいつもとちょっと違うのは、いろんな生活物資が手に入りにくくなったこと、ほーちゃんの保育園が1週間お弁当持参になったこと。仕事面で言うと、計画停電に伴う案内などでいつもより忙しいってこと。ほんとにその程度。社食もメニューの変更はあれど、通常どおり。けど今は自席で済ませている。生活物資に関しては、買占めが落ち着いたのか流通面が整備されてきたのかずいぶん戻ってきた感じ。まだ納豆は買えていないけど。

九州の親族、友人からは「大丈夫?!」と心配の電話やメールをもらい、心から家族、友人のありがたみを感じた数日。家族3人が一緒にいれるってことがどれだけ幸せかと思う日々。

4年前に行った、宮城松島(この付近は遠浅で被害は少なかったとのこと)。景色はもちろんのこと、「おもてなしの心」が感じられたとても素晴らしいホテルがあり、想い出もいっぱいある場所。今想うこともたくさんある。

節電、募金然り、今なにを優先しなければならないのかと考える。子どもを守るために取るべき行動ってなに?とかいろいろ考えるけど、仕事もあるし平日は通勤して仕事をし、ほーちゃんをお迎えに行ってチャリでおしゃべりしながら帰って~と変わらない毎日。流されず、的確な判断をし行動していきたいと思っている。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。