記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09 夫婦2人ではきっと最後?の旅3


『旅の想い出綴り-沖縄・本島(09/04/9~11)』


3日目の朝も快晴。この日はゆっくりめに起きて部屋でまったりと。「そろそろ朝ご飯行くよ~!」と昨日と同じ洋食の「ラ・ティーダ」に向かう。「あれ?今日は和食にするって言ってなかった?」と言うハマ夫の声は完全無視。やっぱりバイキングの魅力には勝てないのよぉ。笑

席も同じくテラス席で。 お料理もパンもドリンクも種類が豊富だし、バイキングの理想!のような朝ご飯。ん~大満足。
青い空と青い海。必然的に食も進みます。


朝食後はホテル内の売店でお土産を買ったりテラスを散歩したりして、部屋で一息ついた後にチェックアウト。ロビーでは挙式の準備をされてました。テラスではウェディングドレス姿で撮影してたよ。


名残惜しくホテルを出て、東シナの海岸線(58号)を南に向けてドライブ。この日最初の観光スポットは「万座毛」。「まんざげ」ではなく「まんざもう」と読みます。万座毛とは18世紀初頭の琉球王 尚敬(しょうけい)がこの地を訪れたときに「万人を座するに足る毛」と称讃したのがその由来とか。「毛」とは沖縄の言葉で「原っぱ」を意味します。

象さんの鼻、で有名な岩。



ぐるっと一周して車に戻り、再びドライブ。途中、nattohが学生時代バイトしていたホテル近辺を通ったけど、月日は流れるもので何ら記憶なし。その当時、オープンしたての「ラマダルネッサンス沖縄」にバイトが休みの日に遊びにきては「このホテルいいよねぇ~。出来ればここでバイトしたかったよねぇ。笑」なんて言ってたのですが、そのホテルも「ルネッサンスリゾート沖縄」と名を変え、ホテルには「20th」と開業20周年を祝う看板が。あれから20年経つのかぁーと感慨深く、あの若かったひと夏のことを想い出したりして。

(多少なりとも)自分の想い出のある場所に、こうやってハマ夫+お子と再訪できたという喜びで、涙・・・までは出ないけど。

さてと、次の目的地は「首里城」。こちらは私よりもハマ夫の方が興味あったようで。首里城の駐車場は満車だったので近くの駐車場に停めて歩くことに。

守礼門(しゅれいもん)。礼節を守るという意味。


途中おちゃらける、ハマ夫。


瑞泉門(ずいせんもん)。立派な、めでたい泉という意味。


トップ写真の正殿からは有料区域。正殿前の御庭に書かれたラインが真っ直ぐではないことが気になり、係の方に伺うと「中国の風水では真四角のものは縁起が悪いとされているため、少し斜めに作られている」というようなお応え。へぇ~。

正殿の中を見物し、修復工事の様子をビデオ鑑賞。すごいね、この技術。


この後、西のアザナと呼ばれる標高約130mに築かれた物見台(展望台)から那覇の街を眺める。夜はキレイだろうなぁ。ここは無料区域だし、デートによさげ~


休憩処で、この旅2回目のブルーシールを。今回はアイスフロート(マンゴージュースにバニラアイスをトッピング)でいただきました。

お昼は「そば!」と決めていたので、首里城近くの「首里そば」に行こうとガイド本見たら、『営業時間 14時頃まで(売切次第終了)』と。只今の時刻、14時10分。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 電話してみたらやっぱり、今日は早い時間に売り切れました~と柔らかいお返事。うー残念。

んじゃ別の店に~と車を走らせて行ってみるも、「そば売り切れ」の看板出てたり、電話では「すみません~!」とお断りされたりで。しょうがないので沖縄の繁華街でおそば屋さん探そっか?と国際通りに車を走らせる。

車を停めて通りを歩いてたら、すぐにおそば屋さん発見。「ここにする?笑」「ダイジョウブかなぁ~?」「この古い店構えがなかなかいんじゃない?」ってことで即入店。笑 私は野菜そば、ハマ夫は写真のソーキそばを。


あっさりとしてて、とっても美味しかったです。ガイド本には紹介されてないお店ですが、お店の方も優しくていい雰囲気でした。ただお店の名前が思い出せない・・・

気づけばもう夕刻。帰る便まで時間あるし、空港近辺でもう1つくらい観光しよっか?ってことで「海軍壕司令部(旧海軍司令部壕)」に行こうとナビをセットしつつ、ガイド本を見たら『開館時間 ~17時』と。只今の時刻、16時58分。ここもか!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 最終日に嫌われちゃったね~

「んじゃ、DFSに行こうか?」となり、ついでにレンタカーを返却して館内をぷらぷらしてみる。macでグロス1本お買い上げ。そして送迎バスの最終便でラクラク那覇空港へ。お土産を買ったり、沖縄と言えば!の「A&W」でひとつのセットをふたりで分け合いながら食べたり。

便は定刻どおり無事に羽田に到着。3日間の盛りだくさんで楽しい沖縄旅を終えました。ハマ夫婦らしく、所々珍道中なことあったけどーそれもすべてヨシってことで、心からほんとに楽しめました!

「今度はいつ来れるかなぁ?」って話したとおり、また近い将来沖縄行きたいよね。その日のために私もがんばるから、ハマ夫もがんばれ!笑


長々と沖縄旅記録に付き合ってくださり、ありがとです~
もしや、これで終わりと思ってる?お土産編に続くかも~だから、そのときはよろしくね☆

コメント

Re: 09 夫婦2人ではきっと最後?の旅3

いいお天気に恵まれましたね~。イメージ通りの沖縄!って感じです、青い空で。
朝のバイキングはこんな景色を眺めながら食べられるんですか?いいなー。こりゃ食がすすみすぎて私には危険です。
沖縄ののおそばってどんな味なんですか?普通に醤油だしな感じで?さっぱりしてそうですねー。見た目うどんっぽいけど。
それにしても夏休みに沖縄のホテルでバイトなんて行動派ですねー。私は学生の頃は二子玉の高島屋の中でバイトしてましたー。時任三郎が白い歯で「グラスビールを」って注文してきたのを今でも覚えてますー(笑)。

>モモさん

珍道中なこともありましたが~ほんといい記念旅行になりました。私が短期滞在してたときより洗礼された沖縄が見れた感じです。笑
そう、朝食のレストランは絶景でしたねぇ。景色がおかず~になればよかったけど、モリモリ食べすぎちゃって。抑えるのに必死でした。あはは。沖縄そばは、あっさりとしたカツオだし&豚のだし、かな?とってもシンプルなお味です。麺も小麦粉?なんだろうけど、お蕎麦に近い感じでもあり。

ホテルのバイトは学校からの斡旋があり、研修として扱われてたのですよ。今考えたらすごい企画ですよねぇ。笑 ってニコタマ!モモさんの実家はニコタマのお近く?!いや~それはすごい。沿線上に住んでる私の出没スポットでもありますよ。玉高もよく行くし~。トドラーの聖地?玉高スタバに帰国した際は是非一緒にいきましょーーヽ(`∀´)ノ

Re: 09 夫婦2人ではきっと最後?の旅3

沖縄でバイト! すごいなぁ♪
そういう体験ってなかなかできないから、羨ましいです^^
体調も良かったようで、いい思い出がたくさんできましたね
って、相変わらずラブラブじゃん(笑)

お土産、なに買ったのかな?
紅芋タルトにちんすうこうに泡盛に沖縄箸に海ぶどう
食べ物しか浮かびません

Re: 09 夫婦2人ではきっと最後?の旅3

近所はニコタマじゃないですー。おばあちゃんが軽井沢...とかお嬢様伝説っぽくなってるので。ニコタマは学校から家までの途中駅だったんですー。
この間の帰国時には高島屋のアフタヌーンティーで蛭子さんとりょうを見ました。どっちかと言うと蛭子さんを見れた方が嬉しかった♡(笑)
今度是非お互いのお子を連れてニコタマデビューしたいですね!

>ふく太郎さん

そう、沖縄で2ヶ月もバイトさせてもらってたのですよ~学生時代!って歳がバレちゃうね。がはは。あのひと夏はほんと楽しかった・・・恋もしたし♪爆 けどリゾート気分に浸りすぎて気も緩み、激太りして帰ってきた日の家族の顔が忘れられません。「食事が合わない~!」とコレクトコールしては食料送ってもらってたので、体ダイジョウブか?と心配してたらしい。なのになにその体!!って感じで。これも懐かしい想い出ですわ。笑

今回もハマ夫のおかげで楽しい旅になりました~。そ、一方的ラブです。
沖縄箸!買おうかと思ってたらハマ夫から「実家に捨てるほどあるよ!」と言われやめときました。笑

>モモさん

ニコタマは通過駅だったのね~。というか私の中でモモさんは、いいとこのお嬢たま♪にしか思えませんことよ。笑 蛭子さん!私も会ってみたい。高島屋は結構芸能人(有名人)見かけますからね~。元Jリーガーやご年配の女優さんやら・・・って名前が出てこない。
スタバにお子連れでお茶、絶対実現しましょうね~ヽ(`∀´)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。