記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08 伊豆旅行の想い出1


『旅の想い出綴り-伊豆~鎌倉(08/6/8~6/9)』


今年の記念旅行も、去年訪れて非常に気に入ったお宿に泊まろう!ということで出掛けてまいりました。ほんとは2泊はしたかったけど、ハマ夫の仕事都合で1泊で我慢することに。天気が気になる曇り空の中、出発です!

今回は東名道路、小田原厚木道路、箱根新道から下道を直走り、一路修善寺に向かいました。どーしても修善寺で訪れたい場所があったのです。
今回の旅の主目的?でもある修善寺ホテルへ。こちらで紙切り作家の水口千令(みずぐちちはる)さんの個展が開催されているのです。私たちの伊豆下田行きと重なる日程で個展が開かれると聞いたときは、これはまさに運命!かと思いました。あ、もちろんその予定がなくても訪れた・・・と思いますが。笑


修善寺ホテル2Fの個展会場へ行くと、そこにはこの時間にはいる予定じゃなかったちはるさんご本人の姿が!!キャー私、もうドキドキしてしまいました。お客様と話をされていたので、まずはゆっくり作品を見て周り後で声を掛けようと来客記帳してたときに、ちはるさんの方から声を掛けて頂きました。いやぁ~感激です。泣

ちはるさんは想像してた通り知的でかわいらしい方で、憧れの芸能人にあった気分でしたね。笑 1年以上前に何気なく渡り歩いてた中で見たちはるさんのブログ。そこでちはるさんの作品を拝見して以来のファンなのです。

本来の予定では、午後5時から個展に顔を出されるようになっていたので、私たちとは入れ違いでまさかお会いできるとは思っても見なかったです。そしてさらに嬉しいことに!!ハマ夫婦を切ってくださると!!W歓喜です。(´Д⊂

さっそく「ここに座って!」と、ハマ夫の横顔を切るちはるさん。

次に私の横顔もちょきちょき。手芸用のちっちゃなはさみで迷うことなく手を進めて、あっと言う間に完成。

こちらがその時の作品です。

か、かんどう・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

私は多少美化されていますが・・・ハマ夫の横顔、似すぎです。そっくし。頭の中で、「どんな額を買おうか、飾るのはあそこだな。」とニヤニヤ考えていました。笑

ちはるさんの作品がいっぱい詰まった個展会場。


個展もご盛況とのこと、これからも影ながら応援させていただきます。
お忙しい中、時間を作ってくださったちはるさん、ほんとにありがとうございました!!あらためて作品依頼で伺いたいと思っています。


ちはるさんが虹の郷の職場に向かわれた後、会場をゆっくり鑑賞し、ちはるさん作品のポストカードやシールを購入してホテル内も見て周りました。ホテル全体がアーティスティックな雰囲気をかもしだしていて、さらに自然が活かされたとても温かなイメージの館内です。スタッフの方も、皆さんとても親切。今度は宿泊目的でゆっくり訪れたいな~と思っています。

その後、ホテルの駐車場に車を停めたまま、ちはるさんお薦めのお茶屋さんを訪ねました。ここでも親切に行き先を案内してくださった、ホテルスタッフの方々に感謝です。

ホテルからお茶屋さんまでの往復はなんとも情緒のある風景いっぱいで奥深いものでした。雨も上がって日が差してきたこともあり、空気がキレイでいいお散歩コースとなりました。

「修善寺回廊」

「竹林の小径」



「楓橋、桂橋」


何気にいれてみる・・・

旅館「あさば」 なんとも風情のあるお宿。雑誌で見た夜のライトアップ時も美しかったです。

「独鈷(とっこ)の湯」 弘法大師が孝心に打たれ湧き出させたと謂れある湯。往路に足を付けてみましたが、熱くてゆっくり浸かることは出来ず。平気な顔して足を付けている外人さんに「アツイデスカ~?」と言われた。(;´∀`)



そして目的地のお茶処「一石庵」に着きました。
ちはるさんから「私の紹介で来た!って言えば、お菓子のおまけがいただけるかも?笑」と言われていたので、遠慮なく「ちはるさんのお薦めで伺いました!」とお店の方に伝えると、「黒米餅」を出していただきました。お餅が大好きなハマ夫は「おいしーおいしー!」と言って食べてました。笑

トップ写真はハマ夫が注文したアイス抹茶。私の注文した、クリーム白玉あずきも美味しかったぁ。

ちはるさん、お店の方々、おご馳走になりました!

それから一石庵の目の前にある修善寺へ参拝に。チカちゃんに無病息災のお守りを購入して、帰りは別ルートで駐車場まで戻りました。

今まで車で通り過ぎたことはあっても、降りてゆっくり修善寺の町を歩いたことがなかったので知り得なかったのですが、自然豊かで魅力いっぱいのところでした。歴史のある町なんですよね。今度は修善寺ホテルに泊まってゆっくり観光したいです。秋なんかよさそうだなぁ。


後ろ髪を引かれながら修善寺を後にし下田街道をひたすら下ります。浄蓮の滝を素通りし天城(峠)越え、河津七滝のループ橋をぐるぐると降りて行き・・・


キャー目が回るぅ~!写真もうまく撮れなーい!と、そんなこんなで途中ナビに案内されたかなり困難な裏道を通りながら下田入りしました。

予定どおり15時ちょい過ぎに到着。今年は早めのチェックインを目指してやってきました。笑 これから清流荘で短い時間をたっぷり楽しみます。

つづく・・・

コメント

Re: 08 伊豆旅行の想い出1

おお、待ってました~。そしてたぶん期間限定の(?)モデルさん登場~♪
前回見逃したから嬉しいー。色白だわー。若い、かわいいー。きゃー。
トップの写真のお抹茶と和菓子が美味しそうー。
修善寺って車を停める場所がほとんどないのがネックよね。
今回は修善寺ホテルさんに停めて散策できてラッキーだったね。
そして、キリ絵の方、存じ上げなかったけど、フリーハンドで切っていかれるとはすごいなあ。平成の棟方志功みたい。結局旦那様はあごひげ生やしていらっしゃるのね。
竹やぶ、の小道、いい感じだね~。
独鈷の湯は10年近く前、当時は遠距離だった夫と一緒に見に行って、夫だけ入浴してました。私はさすがに難しかったな。HP探してみたら、なんかアップし損ねているのが発覚。手直ししなきゃ。
ループ橋、すごいよね。あの色がまたいいよねー。
続きも楽しみにしていまーす。

Re: 08 伊豆旅行の想い出1

ちょっ、ちょっとどなた様かと2度見しちゃいましたよ!
かわえぇ。。。。全然、違う、、、文章とのギャップ(笑)
私は何かを、見落としていたようです

もしかして、nattohさん、小柄ですか?
あぁ、やっぱり女の子っぽい( 3度みて、確認! )
薄紫のワンピも、好みです。。。

きりえも素敵ですね
舌切り雀で見た、あの手芸用の鋏で!?
落語を聞きに行くと、ありますよね
アレを思い出しました
ちょっと違うか?

>なっちゃん

いやだわ、なっちゃんったら。褒め殺しツライわ~笑 色白い?それはハマ夫が間違えてフラッシュたいてくれたせい、若い?それも遠めだからごまかせる、です。

そうそう、修善寺って狭い道が多くて(実際、修善寺ホテルの方曰く、道が狭くて車ぶつけるお客様が多いとのこと。苦笑)車もなかなか停めにくいよね。ホテルの方の親切で散策できたのはほんとにラッキーでした。

ちはるさんの手業にはほんと感動でしたね。今はいろんなところから取材がきたりしてて、近い将来メジャーになると思われる方です。夫、口ひげはすぐにやめたけどあごひげは継続中です。笑

独鈷の湯は、私の行ったときはみなさん囲むように足だけ付けてつけてたので、足湯とばかり思ってたけど・・・確かに深さもあったし普通に入れるよね。けど熱くてみんなキャッキャ言ってたけどね。笑

がんばって近日中には続きアップします~!ヽ(`∀´)ノ

>ふく太郎さん

がははは、文章とのギャップとは!!吹き出してしまったよ。爆 見た目も文章そのまんまですよ。あはは。

そう、写真でもわかるかな?私、おチビです。155cm。(見栄張って160cm弱と言うときもある。)あ、普段私、パンツばかりでワンピなんて買わないし着ないんですけど、これはパンツに合わせても着れるなと思い買ったものです。店員さんは「これだけでもかわいいですよね~」って言ってたけど、それは絶対にムリ。笑

ちはるさんは、寄席とかでもやってらっしゃいますよ!以前、落語家さんら?とも競演されてたような・・・気がします。(うろ覚え)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。