記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16 兄さん、はじめての夏休み2


『旅の想い出綴り-車で大分帰省、3630キロの旅(16/8/7~8/16)』


8月11日(木・祝)
今日は「山の日」だけど、ハマ家は「海の日!」ってことで毎年訪れている浜へ。


兄さんは持参したジンベイくんに乗って波乗りするのが楽しいらしく、ハマ夫もそれに付き合ってふたりはずーっと海の中。母と弟はたまに海に浸かって、あとは浜に座って砂いじりを延々と。弟は砂いじりがブーム中…

しかし、どんだけ体力が有り余ってるんだ?な7歳児。

海遊びにきりを付けて実家に戻り、夕方からは地元の花火大会へ。今年もタイミングよく見ることが出来てよかったな。


8月12日(金)
待ちに待っていました、タキさん家族と1年ぶりに再会する日を!ふたりの朝ご飯用にチカちゃん手作り弁当を持参して、早朝から実家を出発。約3時間弱の道のりを経て待ち合わせの場所、宮崎と鹿児島の県境にある串間市の志布志湾、イルカランドへ。

タキさん家族(カズ&ケイティ)と嬉しい対面をし、早速イルカショーを見学。その後、兄さんは事前予約していたイルカと泳げるフレンドリースイムの体験を。水着に着替えて簡単な説明を受けた後、プールサイドへ。スイムの前にはイルカと握手したり、ほっぺにキスしてもらったりのふれあいタイムもあり。

あとで購入した写真より。1枚500円が2枚セット×2つあり、4枚すべて購入してしまう。笑


それからイルカの背びれにつかまってのスイム~

兄さんは体重が軽いからか一緒に参加した子たちより(見た限りでは一番年下)遥かにスピードが出ていてイルカとスイムというより、引きずられていた感あったけど、本人はそのスリルが楽しかったようで「またやりたい、やりたいー!」と何度も言っていた。良い経験させることが出来たなぁと母も大満足。

園内をお散歩する弟。

それから男性群は炎天下の中、天然釣堀へ。その間、タキさんとベビカでお昼寝中の弟と一緒に室内で涼みながら、近況報告しつつしばしの歓談を。ほんの束の間だったけど、タキさんと会って直接話せて「またこれから1年、頑張って働こう!!」と思えたわ、これ大袈裟じゃなくてよ。ケイティと兄さんもうまが合うのか、1年のブランクを感じることなくすぐに打ち解け仲良く遊んでいて、微笑ましい限り。

男性群が釣った鯵を唐揚げに調理してもらい、それを頂いてイルカランドを後に。カズくんの案内で宮崎市内に戻り、昨年に続きお約束のチキン南蛮の名店「おぐら」へ。ってここまで書いて今気が付いたが、ブログには昨年の帰省旅の記録を残していなかったんだ… (;´∀`) 昨年もタキ家とおぐらでチキン南蛮を食べたのですよ。

ショロさん、ハイ、これね!このタルタル具合がもうね… いい感じなんですよ。

名物のチャンポンも頂きましたよ、どちらも(゚Д゚ )ウマーでした。

昨年は泊まってタキ家と2日間みっちり遊んだのだけど、今回はタキ家に所用ありで1日のみ。来年は春くらいから予定を立てて、めいっぱい遊ぼうね!!タキ家のみなさん、今回も本当に楽しい時間をありがとねヽ(`∀´)ノ

タキ家とお別れして、この日の宿泊先のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ。案内されたのは、昨年よりも広い35階のリニューアルしたばかりのデラックスなお部屋。気分もあがるわー笑

お盆シーズンってこともあり、部屋から花火鑑賞も出来てラッキー!


8月13日(土)
早朝からハマ夫と兄さんふたりはホテルのアクティビティのひとつ「ウミガメの生態を学ぶ」オプションツアーに参加。ホテルを予約する際、宿泊日とツアー日程がちょうど合うなと申し込んでおいたもの。 「新富町富田浜海岸にて宮崎県指定天然記念物となっているアカウミガメについて学び、生態や生命の尊さを実感する早朝ツアーです」(HPより) 5時にホテル前に集合し、バスで現地まで。

宮崎県の海岸は世界的にみても有数のアカウミガメの産卵地で、5月~9月までは産卵と孵化のシーズンなんだとか。ハマ夫マメ情報1によるとツアーは「新富町役場がやっている保護、人口孵化(産んだ卵を同じ浜に囲った場所への移動するだけ)を見学、その日に生まれたアカウミガメの子ガメを海にかえすのを観察、作業担当者がいろいろ説明してくれる」って内容。同じホテルからは8組ほどが参加して、見学ツアーするグループが他にもいたそう。


ハマ夫マメ情報2「太平洋に面した5キロくらいの砂浜は遊泳禁止で、アカウミガメの産卵場所になっているって。砂が柔らかくて石とかなく母親が掘りやすいそう。」






見学後は場所を移動して、カフェで朝食(ツアー代に込み)を。兄さんは朝ご飯を食べながら「カブト、カワガタ~」と言っていたらしいが… ハマ夫は親にとっても良い経験だったと言っていたよ。

一方その頃… 弟は起きて早々、お気に入りの「のりものDVD」を微動だにせずぼーっと鑑賞中。

部屋からの眺め。

ふたりが戻った後は、ホテル内をぷらぷら。昨年に引き続き、「ムシのふれあいコーナー」にかぶりつきの兄。兄にとってはこれが主目的、このホテル最大の魅力がココにある。母はネット越しに撮影を強いられる。

ちなみに昨年の写真。変わってない。笑

懲りずに挑戦し続けた、ムシが当たる抽選券(1回500円)はことごとくハズレ。残念ね~

1年前はなかった(と思う)宿泊者限定ラウンジなるものが出来ていた。雰囲気&居心地よかったです。ま、兄弟がいる限り、こちらでのんびりリラックス~はできないけどね。


11時のチェックアウトまでのんびり過ごし、このまま実家に戻ってまた海にいこー!ってことでホテルを出発。が、事故で高速が通行止めに… 仕方なく下道迂回することになり時間を大幅にロス。(´Д⊂ 夕方からは家族みんなで街へ食事に出掛けることになっていたので、海は残念だねーな流れとなり。なんとか4時間掛けて実家着、ふぅ~おつかれさん。

だがしかし。「1時間でも泳がせたい、海に連れて行ってあげたい!」という父の熱い想いがあり、それから父子は着替えて海へ… 兄大喜び。まぁハマ家では「父ちゃんが息子のために頑張る姿」はいつもの見慣れた場面ではあるけども、傍から見るとありえない光景のようで。いつもの浜までは車でも(高速使って)30分は掛かるしね。それからの海遊びを考えたら、どんだけ体力使うんだ?って話よね。苦笑

明日はもう実家を発つ日!ってことで、母はその間に荷造りを。そうこうしていたら海遊びに大満足した父子が帰宅したので、みんな揃って焼肉へ~ 昨年も行ったお店で、とっても美味しゅうございました。やっぱり(・肉・) だよね!翌日は早朝から宮崎にサーフィンに出掛ける弟さん家族とはここでお別れのご挨拶を。今年もお世話になりました、来年もどうぞよろしくです!


3へつづく。

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。