記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16 兄さん、はじめての夏休み1


『旅の想い出綴り-車で大分帰省、3630キロの旅(16/8/7~8/16)』


今年の夏休みは父・ハマ夫が以前から描いていた夢に兄さんが乗っかる形で「車であちこち寄り道しながらの帰省旅」が実現。計3630キロの旅の記録。


8月7日(日)
夜からふたりで自宅を出発するってことで、数日前からその準備で忙しそうにしていたハマ夫。そのおかげで荷造りもばっちし!兄さん用の広めで快適そうな寝床も確保していざ出陣。兄さんはパジャマ姿で「いってきまーす!」と意気揚々。ハマ夫は夜通し運転、ここから3630キロの壮大な?!旅が始まる。


8月8日(月)
兄さんは車中でぐっすり寝ていたらしく、目覚めたのは目的地手前のトイレ休憩PAだったと。

大山を眺む。

初日の目的地は鳥取県の大山に位置する、寄り道スポット1「森の国」。HPによると「西日本最大規模のアスレチックがあり、いろんな自然体験プログラムやキャンプなどが楽しめる場所」らしい。この日はこちらのオートキャンプ場で1泊。

到着後は早速グラススキーやアスレチックを楽しんだ様子。



お昼からは事前予約していたお楽しみプログラムのひとつ「シャワークライミング」へ。このためにスマホの防水カバーなんぞを買ったり、自身の装着も準備万端にしていたハマ夫。子どものお遊びなのに気合いが違います。笑



滝行。笑

どこかのTVクルーが同行してシャワークライミングの取材をしていたらしいのだけど、ローカルTVだったので見ることが出来ずに残念!兄さんはかなり映りこんでいたはず、と。

それから米子のホームセンターに買い出しに行ったり、戻ってテントを貼ったり、晩ご飯の準備もしたり。メニューは兄さんのリクエストでカレーライスと肉!肉!だったとな。

「やっぱり焼肉だよね~」と言いながら食べていたらしい。

網戸付きのテントで快適だったそう。しかしハマ夫がすべてひとりで段取りを~でさぞ疲れて爆睡したことだろう。笑

トップ写真はキャンプ場から見た夕日。いいな、うらやましい…


8月9日(火)
朝起きてから昨日のリベンジ!とばかりにアスレチックへ。で、朝からドロドロに。

こちらのアスレチックは兄さんにとっては難度の高いものもあり、すべてクリアならず~だったらしいのでまたリベンジしたい!と言っていた。

森の国を出発してお隣の島根県に移動、次の寄り道スポット2「出雲大社」へ。こちらは行けたら行きたいと言っていたけど行けてよかったね。


おみくじを引いて、ハマ夫は今年最高!兄さんはあまり良い内容ではなかったと。大吉とか吉とか書かれていないおみくじなんだって。ハマ夫曰く「(兄さんの内容が悪かったのは)名前の由来となる人物が、出雲とは敵対勢力にあったからかも…」と。ほ~

出雲大社を後にし、一路広島へ。次の寄り道スポット3は「原爆ドーム」。まずは腹ごしらえで、広島焼きを食しに。

それから市内観光。広島に行くならば、ぜひ兄さんに見せたかった原爆ドーム。

父子で戦争の話をしたようで、兄さんの絵日記には「ひろしまで、げんばくドームをみました。おとうさんからばくだんのはなしをきいて、とてもこわかったです。」と書かれていた。

この日のお宿は繁華街にあるビジネスホテル。安いだけにータバコ臭はすごいわ、部屋の中からカギが掛からないわ~だったそう。ま、ホテル好きの兄さんはそんな状況でも楽しんでいたみたいだけどね。笑


8月10日(水)
ホテルをチェックアウトして、関門海峡を渡り九州上陸。母と弟が到着する北九州空港へお迎えに。無事家族合流して、チカちゃんをピックアップして大分の実家へGO~ 市内に着いて、入院中のじぃじのお見舞いへ。昨年より弱って見えたのが辛かったな… 毎日看病に来ているというお母さんにも頭がさがります。家族写真もいっぱい撮って、じぃじにそれぞれがたくさん声掛けして握手して病院を後に。

途中で買い物をしたりして夕方前にハマ夫の実家着。弟さん家族も集合してみんなでテーブルを囲んでの晩ご飯。夜は買ってきた花火をしながらワイワイと。


2へつづく。

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。