記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14 伊豆でもやっぱり恐竜三昧01


『旅の想い出綴り-静岡・伊豆への旅(14/01/04~05)』


今年も自宅でのんびりな年末年始を過ごしましょうよ♪な感じだったのだけど、やっぱり少しはどこか出掛けたいよね?とクリスマスが終わったくらいに宿探しを始める。

今年はハマ車がスタッドレスを履いていないので、行き先は雪のないところ。3、4日で2泊して~のつもりであれこれ検討するも、泊まりたいと思う宿はどこもいっぱいかキャンセル待ち、もしくは通常よりさらに跳ね上がっている特別料金のため空いていても断念するしかない。

そんな中、ダメ元で開いた会社保養所の会員HPで空き情報を見つけ早速総務に問い合わせし、なんとか4日から1泊取れることに。宿泊予約票が届いたのも年末ギリギリ。お宿が決まってからはその周辺の遊び場を探して夫婦で旅計画を。

ってことで前置きが長くなったけどそんなこんなで出掛けてきました。
4(土)
さーて出発するよー!と車に乗り込んで走り出したすぐにハマ夫が「ん?タイヤがおかしい、ちょっと待ってて!」と外に出て確認するとタイヤがパンクしていることが発覚。その場で応急処置をしてGSに行きパンク修理をしてもらう。その関係で1時間遅れで出発~!

渋滞を回避しながらお昼には目的地の伊豆アニマルキングダムに到着。こちらは少し前に訪れたかおりちゃんから「すごくいい所だから、是非行ってみて!」とお薦めされていた場所で、その園内にはほーさんが確実に喜ぶであろうスポットがあってね…

チケットを購入し早速入園へ。大人2,100円×2、子供(4歳~小学生)1,100円から割引クーポンを持参したのでそれぞれ200円引き。これにとくとくクーポン1,500円(実質1,700円分)を1枚購入し計6,200円。ちょうどお昼ご飯の時間だったので母はレストランに先回りして順番待ちをし、その間にふたりは動物たちをゆっくり見て歩く。

ライオンにエサやり体験しているのを見て「やりたい!」と言うも、予約がいっぱいで断念。

ライオンが間近に見えるレストランにて。


お腹を満たしたあとは、ほーさんの案内で主目的地へー

広い園内をしばらく歩いて「あ、あそこに見えるのじゃない?」って言う前にほーさんが「あぁぁー恐竜がいるーー!」と一目散に走り出した。かなり遠く離れた場所だったのに、アフリカの狩猟民族並みの視力だわ。特に恐竜に関してアンテナがビシバシ立っているというか。

「恐竜が棲む森」 そうです、母はここにほーさんを連れて来たかったのです。



「あっ、○○サウルスだ!」とまず恐竜の名前を言い、1体1体触り細部を確認しながら(時に噛み付く真似ごとをしながら)見て歩く。

時折カメラマンの「こっち向いてー!」に恐竜ポーズで応じてくれる。





ほーさんが大好きなトリケラトプスの前まで来て、なぜか立ち止まる。感動したのか?笑


恐竜の大きさを忠実に再現しているのか?(未確認)とにかくデカイ!



最後に記念撮影ポイントがあり出口へ。出る前にほーさんに何度も「もう出るけどいい?もう1度見に戻ってもいいけど?」と確認して「うん、いいよ!もう出よ。」ってことで恐竜が棲む森を後に。

お次はスカイジェットにハマ夫とほーさんふたりで。

眼下には海!で景色もよく、結構スリルがあって面白かったそう。

芝生の広場をひたすら走り回った後、動物ゾーンに戻る。ふれあい広場では生後4日目でこの日が初お披露目というカピバラの赤ちゃんたちに癒され、ハマ夫の足をくちばしで挟んでカパカパしているペリカンに泣き、毛の長いモルモット(テンジクネズミ)を抱かせてもらう。

面白い動きをするアルマジロ。まるでぜんまい仕掛けのようで笑えた。

エサやりをしたり、動物たちを間近で観察できるウォーキングサファリ。


ホワイトタイガーやライオンなどの肉食動物がいる猛獣ゾーンはやや広めの展示場になっていて、キリンやサイ、シマウマなどの草食動物が放し飼いにされているウォーキングサファリは、動物たちをより間近で見ることが出来る。小動物とのふれあい広場もあり、子どもだけではなく親も癒され楽しめた。このアニマルゾーンをメインに、今回は乗らなかったけど観覧車やゴーカートなどたくさんのアトラクションがある遊園地(プレイゾーン。その中に恐竜たちがいる。)に、敷地奥にはパターゴルフ場やゴルフ練習場もあり、1日を通してかなり遊べる場所だな~と思った。と伊豆アニマルキングダムの個人的総評。

お土産ショップでは恐竜のミニフィギュアセットをせがまれ、その切なそうな顔に思わず買ってしまい…また恐竜コレクションが増えてニコニコのほーさん。

いい時間になったし、ホテルに向かいますか!ってことで修善寺へ。当初ハマ夫は「大した移動距離ではない。」と言っていたけど結構距離がありましたぜ。「近くに何もないだろうと思って、朝夕2食付きプランにしてるから~♪」と意気揚々と語っていたのに、チェックインで朝食付きプランだと聞き唖然。レストランのバイキングはひとり約7,000円、ほーさんも3,000円近く… ってことで部屋に入り、修善寺辺りの食事処を検索。母の希望でお寿司!よさ気なお店が見つかったので「営業しているか&小さな子連れで行けるか」の確認をするとOK!んじゃ行こ行ことまた車に乗り出掛ける。

お店に着くと快く案内して頂きお座敷へ。ハマ夫は写真の上すし、母は中すし、ほーさんは中ちらしを。残念ながら納豆はないとのことで、ほーさんはちらしを。

美味しかったー!お値段もかなり優しいし、ホテルのバイキングより全然いいよね!と大満足。途中で「お兄ちゃん、納豆がなくてごめんね~。その代わりにー」と卵巻きのサービスが!感激してみんなで美味しく頂く。おごちそうさまでした!

修善寺温泉場にある「すし処 まとい」さん、お薦めです!

お腹いっぱいになった後はホテルに戻っての~んびり。


2日目につづく。

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。