記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お節介おばちゃん:電動チャリのロック解除編

いきなり唐突だけど、私、nattohはお節介好き。きっと近い友達もみんな心で「お節介おばさん」と思っているだろう。おばさんではなく、おばちゃんの方が好みだからその辺よろしくね。

お節介おばちゃんは昨日もまた、軽くお節介をしてしまった。

最寄駅の駐輪場管理事務所に、すっかり更新するのを忘れていた月極シールを購入しに行ったときのこと。保育園のお迎え後にほーさん連れで事務所前に行くと、先客のOLさんがチャリと一緒に立ち往生していた。

「す、すみません!ちょっと(チャリを)動かせないので…」とかなり焦っている様子。で、よーく見ると電動チャリ後輪部のスタンドにロックが掛かっていて、スタンドが上がらない状態になっているではないか。「動かせなくてーどうしょう…泣」とな。


フフ、こりゃ私の出番でしょ?
(↑LINEのスタンプにいいのがあるからそれで表現したいくらい。)


と血が騒ぐ。これまでにこの状況に陥ったチャリ数台、それで泣きそうになっている人たちを何人助けたことか。保育園前で3人(ひろちゃん含む)、どこかの公園で1人…もちろん自分自身もその状況になったことがあり、当時は苦労したからね~

初対面のOLさんを前に涼しい顔して「これよくあることなんですよ。これはですねぇ、ちょっとコツがいって~」と腕まくりしながら得意げに話し始めるおばちゃん。「ここの部分を持ち上げるようにして、ぐっと浮かせてその状態でスタンドをー」と2回目のチャレンジでスコンとスタンドが上がり、「おぉー!」とOLさん歓喜の声。

「今のはラッキーにも足で(こうやってこうしてーと足先をクネクネさせて)上がりましたけど、手で押さえながら~じゃないと上がらないことが多いです。その時は手が汚れるから軍手とかあればー」なんてさらに得意げにロック解除のレクチャーなんかもしちゃったりしてー。

「こうなったら次に停めたらまたなる(可能性が大だ)と思うので、早めに自転車やさんに行って、油(←オイルね)差してもらうといいですよ!」「えっ、そういう問題ですか?」「えぇ、汚れもあったり~ですがまぁそんなとこです。」と丁寧にその後の指導まで。

結局は自転車やさんに行けば解決~なんだけど、その場の対応というか救出というか…手助けは出来たはず、と自画自賛。OLさんの晴れ晴れとした顔を見れて、お節介おばちゃんは嬉しかった。

という美しいお節介話、でした。

*お節介忠告*
チャリのロックレバーが硬くなってきた場合は要注意ですぞ。



しかし、私のまわりにはお節介な人多い気がするなー。お節介はお節介を呼ぶのか。

プロフィール


東京都在住
私nattohと、どんな時も冷静沈着なハマ夫、息子ふたり(09年7月生まれの長男、14年6月生まれの次男)と4人暮らし。

05年1月からマイペースで日々のいろいろを綴っています。今は息子たちの育児記録がメインです。

Copyright(C)2016 nattohちん道中 All rights reserved.

お買いもの

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。